変形性ひざ関節症

 

ひざの関節の痛みや違和感の代表的なトラブルとして

変形性膝関節症】というのがあります。

 

変形性ひざ関節症へんけいせいひざかんせつしょう)とか

変形性膝関節症へんけいせいしつかんせつしょう)と言います。

 

レントゲン写真

 

 

 

代表的な症状

 

変形性ひざ関節症はひざの関節のクッションである

軟骨がすり減ることによって関節内で炎症がおこります。

 

比較的ひざの内側が痛み、歩き出しの1歩目や

階段を降りる時になどに痛みが有る場合が多く、

酷くなると正座が出来なくなります。

 

 

痛みに関しては初期段階や発症初期には

はっきりとした痛みが出る場合が多くなります。

 

進行が進んでいくと普通に歩いていても痛み

日常生活にも支障をきたすようになります。

 

更に進行度が進むと無痛な状態になることも

あるようですが、激痛や鈍痛、無痛などは

人それぞれで様々なようです。

 

 

 

 

原因

 

主な原因としては足の筋力の低下が挙げられます。

 

太ももの筋肉である大腿四頭筋の内側広筋という

ひざの内側の筋肉の衰えによってひざの外側よりも

内側の筋肉が弱くなり起こるようです。

 

太もも筋肉

 

内側広筋は日頃は日常でもそれほど使われなく

筋力が落ちやすい傾向があります。

 

特に普段からあまり歩くことのない場合は

筋力の衰えやすくて、加齢などによる運動不足も

原因とされています。

 

また進行してゆくとひざの変形や体の前からみて

「>」や「<」になるO脚変形になったり

横から見てひざが真っ直ぐに伸びない状態に

なったりします。

 

 

 

 

 

解決策

 

解決策として、痛みや腫れがひどい場合は

ひざの水を抜くなどの炎症を抑える治療が

先決となります。

 

ただ原因が筋力の低下なので関節を動かし

筋力の向上に努めて・・・って痛いのに

きついですよね。(実感しています)

 

実際に私は通院していますが医師は

痛まない時にはよく歩き、ひざをなるべく

伸ばすことが基本だと言われました。

 

楽しく歩く

 

病院に通院して治す事が正しいのですが

日常生活で自分自身で出来る対策や改善方法も

色々ありますのでそれはメニューより

解消法を御覧ください。

 

北国の恵み