本気でひざの痛みをで治したい方は必見!

ひざの痛みに薬は?

ひざの痛みに薬は?

ひざの痛みに薬は有効なのか?

 

薬はひざの関節を治すのに効くのか

 

結論から言いますと、医師に聞いたのですが

ひざの関節を根本的に治療する薬は無いそうです。

 

変形性ひざ関節症に対する薬として処方されるのは

多くの場合は貼り薬や塗り薬で、

痛みや炎症を抑える効果のある消炎鎮痛剤です。

 

これをもらう多くの人が感じるのが

「痛み止めで一時しのぎなのでは?」

ということです。

 

貼り薬

 

 

これを医師に聞くとこう返答されました。

[char no=”4″ char=”医師”]確かに根本的な治療ではないですが

炎症と痛みを抑えることで関節の破壊を防ぐ事が出来ます[/char]

 

 

つまり薬によって炎症を抑え腫れを取り(消炎効果)、

痛みを和らげる(鎮痛効果)を組み合わせて

総合的な効果をあげているそうです。

 

また薬によってその効果の比率は違うので

それぞれの症状に合った薬が必要です。

 

痛みが減るとか痛みを感じなくなるのは

私達患者にとってはとてもありがたいですよね。

 

 

 

 

薬は的確に利用する

 

ひざ関節症の薬には飲み薬、塗り薬(貼り薬)などがありますが

それぞれに長所や短所があります。

 

飲み薬

・長所 飲むだけなので面倒が無い。

・短所 気軽なので忘れやすい。胃腸に負担になるものもある

 

塗り(貼り)薬

・ 長所 患部直接なので効率が良い

・ 短所 かぶれ、かゆみが出る場合がある

服を汚す可能性がある

 

どちらも一長一短ですがあなた自身が医師と相談して

「内服薬より外用薬がいい」

「塗り薬より貼り薬にして欲しい」などと

希望を伝えて、薬の効果を踏まえて医師に

判断してもらうのが最良だと思います。

 

 

 

また薬に関しての注意として

自分勝手に使うタイミングや使用する量を

決めてはいけません。

 

薬には副作用など専門家の知識が必要なので

医師の指示に沿った利用をしましょう。

 

また場合によっては副作用を考慮しても

その期間は使うほうが治療に効果的という

タイミングなどがある場合もあるそうです。

 

もし「副作用かな」と感じた場合は

医師に相談してみましょう。

 

 

追記

他に使用している薬がある場合は

必ず医師や薬剤師に相談して下さい。

 

 

 

 

 

関節軟骨を蘇らせる薬

 

薬

 

変形性ひざ関節症など関節炎や関節症の多くは

関節軟骨の損傷が原因とされています。

 

では骨粗鬆症にはカルシウムやビタミンDを

サプリなどで内服して骨を丈夫にしますが

関節軟骨を修復するのに薬やサプリは

無いのでしょうか?

 

 

私のような素人の考えでは

関節軟骨の材料となる成分を服用などしてやれば

早い効果が出るのでは?と考えていました。

 

 

調べてみると

服用によって軟骨の材料を体内に入れても

胃や腸で一度分解され、更に関節軟骨の中にある

軟骨細胞によってコラーゲンやプロテオグリカンの

分子に結合されてはじめて軟骨の材料になるそうです。

 

ですが、

それらを吸収しやすくされた薬やサプリとして

効果的な吸収を目的としたものを服用することは

効果が上がるとも言われています。

 

北国の恵み
では

直接ひざ軟骨にコラーゲンやプロテオグリカンを

注入するれば?と思いましたが、

プロテオグリカンは軟骨細胞によって合成された

コラーゲンの網目組織に取り込まれてはじめて

関節軟骨としての性質を持つそうです。

 

そもそも変形性ひざ関節症はこのコラーゲンが

破壊されているのであって、材料だけを

注入しても残念ながら関節軟骨にはならないそうです。

 

『北国の恵み』の480円モニターを募集します!