本気でひざの痛みをで治したい方は必見!

ひざの痛みの原因 関節症以外の可能性

ひざの痛みの原因 関節症以外の可能性

 

ひざの痛みの原因 関節症以外は?

 

多くのひざの違和感や痛みを感じる人は

統計では90%以上は変形性ひざ関節症ですが

それ以外に原因がないワケではありません。

 

他に病気として考えられる(筋肉痛などを除外)いくつかを

探してみました。

 

 

 

痛風・偽痛風

 

シニア世代、中高年によくあるのが痛風で、

血液中の尿酸の結晶が関節内に溜まって

炎症を起こすのが原因です。

 

また偽痛風はピロリン酸カルシウムの結晶が

ひざに溜まり炎症により強い痛み起こる病気です。

 

偽痛風のほうが痛風よりもひざの関節の痛みには

多く生じるそうです。

 

また痛風の場合の多くは

足の親指の付根付近に症状が出ることが

多いようです。

 

 

 

半月板損傷

 

大腿骨と脛骨の間の軟骨で上から見ると左右一対で

半月の形状をしているために半月板と言われます。

 

半月板

 

よく耳にするのはスポーツ選手等の故障の話で

強い衝撃を受けて半月板に亀裂などの損傷を

追ったという話ですよね。

 

でもそれだけではなくて、

40歳以上になることの加齢により

自然と割れることもあります。

 

その場合は痛みなどの症状がほとんど現れません。

 

半月板の機能や役目的に考えるとわかると思いますが

変形性ひざ関節症の場合の半月板はほぼ100%が

何らかの損傷を負っているそうです。

 

 

 

 

リウマチ

 

関節リウマチは体内の自己免疫に何らかの異常で

免疫の本来の攻撃対象ではないひざの関節の滑膜

攻撃し炎症を起こします。

 

免疫異常で有るためにひざ以外の関節(ひじや手首、肩など)

左右対称に腫れや痛みを起こし、発熱や体の怠さも

伴なう場合もあります。

 

30代~60代の女性に多い病気ですが

20代の若い女性にも発症例は見られるそうです。

 

ひざを押さえる

 

 

化膿性関節炎

 

関節内に黄色ブドウ球菌などの菌が入ることで

骨や軟骨を壊すので痛みや腫れを伴います。

 

変形性ひざ関節症の治療でのヒアルロン酸の

関節内への注射を頻繁にされている人に

多く見られると言われています。

 

 

 

この他にも大腿骨顆部骨壊死など

ひざの関節の痛みを生じさせる病気はあります。

 

当然ですがひざの痛みを軽く受け止めるのではなく

痛みを感じた場合は早く整形外科を受信して

治療を行なうことが最善の方法です。

 

プロテウォーク