本気でひざの痛みをで治したい方は必見!

最も安全で簡単な治療法

最も安全で簡単な治療法

 

最も安全で簡単手軽な治療法とは?

 

実際にひざの痛みを感じてから

様々な書籍などを読みあさり、

医師とも話して最も手軽に安全に出来る

治療法があることを知って現在も実践中です。

 

 

その家庭療法をシェアします。

 

 

負担をかけず、継続しやすいが一番

 

何をしても元来怠け者の私が続けるには

簡単に出来る、苦痛を伴わない、成果が早いのが

一番だと言うのは分かっていました。

 

ひざが痛いにもかかわらず、通院することすら

面倒に感じてしまうので半ば諦めていましたが

医師からこの方法をを聞いてこれなら!で始めたのが

運動療法でもある散歩(ウォーキング)です。

 

散歩

 

歩くこと自体が日頃の生活でも基本となる活動ですし

器具や道具も全く使わなくても出来る事です。

 

変形性ひざ関節症の治療としては

最高で最も簡便な治療と言われています。

 

目標としては平坦路を20~30分程度をかけ

急がずマイペースで歩くようにします。

 

 

 

散歩(ウオーキング)の効果

 

散歩(ウオーキング)は適度の負荷をかけて

関節を動かすことでひざの関節を丈夫にして

炎症になる悪循環をおさえますし、

関節周辺の筋肉や靭帯を鍛えることで

ひざ関節の変形も防止出来るそうです。

 

更に良い方法としては水中ウォーキングが良いそうで

水の浮力によってひざへの負担が軽くなり

逆に水の抵抗によって筋肉や靭帯の強化を図れます。

 

 

散歩(ウォーキング)の効果としてもう一つは

運動量の増加によって活動量が増すので

ひざの負担となる体重の減量や維持が出来ます。

 

散歩(ウォーキング)なら消費するエネルギー量も

計算しやすいというメリットもあります。

 

ちなみに体重60kgの人が20分歩くと

約63kcal(1.3Km歩行)を消費します。

 

 

 

散歩(ウォーキング)時の注意

 

簡単で行いやすいのですが、

いくつか注意しなくては逆効果になる場合もあります。

 

正しい治療としての歩き方

・運動に適した動きやすい服装にする。

・出来るだけウォーキングに適した靴を使用する。

・顎(あご)を引いて背筋を伸ばす。

・足の裏全体を使って地面を蹴り、しっかりとひざを伸ばす。

・かかとから着地する。

・出来るだけ平坦な道を選ぶ。

・適度な水分補給を行なう。

・涼しい時間帯に行なう方が良い。

 

ひざに痛みを感じるようであればすぐに中止して

休憩をして様子をみて下さい。

 

痛みが引いてからその日は中止して

翌日は少し距離や歩く時間を短くしてみます。

 

始める前に痛みがあれば

その日は中止するほうが良いですし、

治療のための散歩(ウォーキング)なので

決して無理はしないで下さい。

 

 

 

散歩(ウォーキング)実践中の私感

 

実践中の私の感想ですが

始めた当初は痛みを感じて中止したことも

結構ありました。

 

2週間ほどすると少しづつですが

痛みはあまり感じなくなりました。

 

同じ道を歩くのも良いのでしょうが

知らない道を歩くこともプチ冒険的な楽しみなり、

楽しく無理すること無く続けています。

 

大事なのはあくまでもお散歩感覚ではないかと思います。

 

サイト右に有るアンケートにお答え下さい。

サイト運営の励みになります。お願いいたします。

 

ウォーキング

 

続けた結果としては

日常の生活でも大きく曲げるとか

重いものを持つ以外には随分と楽になった気がします。

 

 

何度も言いますが、決して無理をしないことが

続けられるポイントだと思います。

 

そして医師に相談してからおこなって下さい。

是非試してみて下さい。

 

北国の恵み