本気でひざの痛みをで治したい方は必見!

ひざの痛み用の処方薬と類似の市販薬を調べてみた

ひざの痛み用の処方薬と類似の市販薬を調べてみた

 

ひざの痛みを止める病院でもらった薬と代替薬

 

ひざの痛みで通院していますが

病院で処方してもらった薬が結構良く効きます。

 

通院している病院で知り合った同じ

膝痛の方にお聞きすると同じ薬を

処方してもらって比較的効果は良いと言うことです。

 

そこでそれら薬について調べてみました。

 

 

処方された薬

 

 

私が整形外科へ通院し、

医師に処方していただいた薬をご紹介します。

 

スミルスチック3%

スミルスチック

 

スミルスチック3%は製薬会社の三笠製薬製の

経皮吸収型鎮痛・消炎剤です。

 

痛みのあるひざに直接塗るタイプの塗り薬です。

 

中心となる成分はフェルビナクという成分で

wikipedia(ウィキペディア)によると以下のとおりです。

抗炎症、鎮痛作用を持ったフェニル酢酸系の非ステロイド性抗炎症薬

皮膚から痛む患部に浸透し、酵素の1つシクロオキシゲナーゼ

直接働きかけることで、炎症を引き起こすプロスタグランジンという

物質の生合成を抑制する作用がある。

肩・腰・関節痛などの炎症と痛みを抑える効果がある

wikipedia(ウィキペディア)より抜粋)

 

あくまでも私的な感想ですが、

痛みを止める効果は確かに感じましたし、

皮膚が弱くてかぶれることの多い私には

その不安もなく使用することが出来るので

ありがたく思っています。

 

また塗った後もベタつきが少ないので

サポーターや服なども気にせずに使えて便利です。

 

 

モーラステープL

 

モーラステープ40mg

 

モーラステープL40mgは久光製薬製でスミルスチックと同じ

経皮吸収型消炎鎮痛剤です。

 

痛みあるひざに直接張って使うタイプとなります。

 

主な成分としてはケトプロフェンという成分で

wikipedia(ウィキペディア)によると以下のとおりです。

抗炎症作用、鎮痛作用を有する、プロピオン酸系の

酸性非ステロイド性抗炎症薬の1種で、

(RS)-2-(3-ベンゾイルフェニル)プロパン酸のことである。

wikipedia(ウィキペディア)より抜粋)

 

私的感想としてはスミルスチックよりは

鎮痛効果は高いと感じましたが、

皮膚の弱い私には長時間使用していると

少し痒みやかぶれを起こす場合がありました。

 

通常感じる痛みよりも強い痛みを感じる場合に

使うようにしています。

 

貼る方法も工夫されていて、

一人で貼る場合にもシワや折れることもなく

キレイに貼れますし、伸縮性が良いので

ピッタリと貼れ使いやすいです。

 

 

代用薬として使える市販薬

 

スミルスチックもモーラステープも

医師の処方箋なしでは買えない医療用医薬品です。

 

ですが、急な事情の仕事や長期の旅行などで

通院出来ない場合は困ってしまいました。

 

それで代用できる市販薬はないのかと

成分などで調べてみました。

 

 

スミルスチックの代用

スミルスチックの代用としては

ゼノールエクサムSX を使っています。

 

製薬会社の大鵬薬品が販売しているのですが

製造はスミルスチックの製造販売している

三笠製薬です。

 

薬の成分、容器の形もほとんど同じです。

 

 

 

 

モーラステープの代用

モーラステープの代用として使っているのは

オムニードケトプロフェンパップです。

モーラステープの主成分であるケトプロフェンを

配合した市販薬です。

帝國製薬が製造、同グループ会社が販売しています。

 

 

 

必読!重要な事

 

処方された薬

 

これらはあくまで私個人が勝手に調べた結果であり

当然ですが本来は病院で処方してもらった薬を

お使いいただく事ようにお願いします。